カンケンバッグを洗う話

f:id:atawataaa:20160504181356j:image
5年くらい使っていたカンケンバッグを洗濯した。

この緑色の四角いリュックサックを、これまで私はかなり手荒く使い倒してきた。雨の日も風の日も、あちこちぬかるむ廃墟でも、吹雪の中の岩手県でも、砂埃の舞うパキスタンでも、どこへでも背負っていった。登山をすればリュックを椅子代わりにし、台湾に出かければ机代わりに食事を載せ、ライブハウスではもみくちゃにして、図書館では本を十数冊も詰め込んだ。
そうこうしているうちに形が崩れ、表面は黒ずみあるいは色あせ、なんだか汚らしいリュックサックになってしまったのである。

というわけで洗う。

f:id:atawataaa:20160504173944j:image

中性洗剤を溶かしたぬるま湯に放り込み、しばらく漬け置いたあと、丁寧にもみ洗いをしたが、全く汚れはとれない。結局、石鹸をつけてブラシで思い切りこすり、最後には洗濯機に放り込んで回してしまった。
結果は最上の写真のとおり。少し色落ちしてしまったが、綺麗になったので良しとする。
これからもずっと、紐がちぎれるまで現役で一緒に出かけてほしい。そういうリュックサックだ。