読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記(2016/6/27)

仕事終わりにいくばくか酒を飲んで、居酒屋を出たら雨は土砂降りだった。街灯越しの線と、アルカラの新曲と、服に染み付いたタバコの匂いと、諸々勘案するとなかなか悪くない雰囲気、なんじゃないの、という感じ。

 

帰り道に本屋に寄って町田康の新しい小説を買った。町田康の小説のなかでも時代物はあんまり好きじゃなかったから、これは相当の覚悟が必要だった。でも数少ない友人のひとりが面白いと言っていたので。

彼は乱暴な言葉づかいをするところはあっても音楽と本のセンスは良いし、撮る写真も格好良いし、ラーメンと酒が好きなところも、仕事への姿勢も素敵だと思うし、たぶん買った本も間違いないと思う。

 

そういえば昨日は良くないことがあったというか、いらないことを思い出したというか、かつて好きだったり嫌いだったりしてた人のことを考えてイライラしました。

でもどうにかして何とかかんとか落ち着きたいし、信頼できる人間の薦める小説を読んで、雨をジロジロ見て、アルカラの新曲を延々とループして、明日になって、また仕事に行く。社会人だし。