神農生活のタロイモ麺の食べ方がわからない

f:id:atawataaa:20210419123913j:plain

近鉄百貨店にできた台湾ライフスタイルショップ・神農生活。即行って爆買いしてきたものの、その中でよくわからないのがこの芋头麵(タロイモ麺)。


台湾人の(そして日本人観光客の)タロイモ好きには驚くものがあり、台北市内を歩けばタロイモ餅、パイ、パン、タロイモミルク…と色々なものを見てきた。が、ここにきて、麺。タロイモを練り込んでいて、ほんのり甘い…らしい。正直初めて見た。が、タロイモ好きとしては見逃せず、一袋買った。


ところが、帰り道にタロイモ麺やら芋頭やらyùtóu miànなどと検索してみても、一向にそれらしいものが出てこない。日本でメジャーでないならともかく、台湾ローカルのホームページすら出てこないのだ。
おそらくだけど、これは神農生活がオリジナルで作っている観光客向けのお土産なのではないだろうか。タロイモと書けば釣られて寄ってくる者向けの変わり麺なのでは……(違ったら教えてください)。


というわけで手元に食べ方のわからない麺が一袋。店のPOPを信用するならばほんのり甘いはずであり、となると麻だの辣だのといった味付けにしないほうがいいのかもしれない。


f:id:atawataaa:20210419234512j:plain
したがって、うどん風にだし汁で食べてみた。うん…まあ…たしかにほんのり甘いと言われれば…甘いかもしれない。でもそこまで甘さは感じない。あくまでも主食としての普遍さを保とうとしている味。
平たい麺、袋に「3〜5分茹でろ」と書いてあったのでジャスト3分で上げたけど若干硬かったな。コシのあるパスタに近い感じ。見た目はひやむぎっぽいけど。


総じて「まあまあおいしい」タロイモ麺、1袋に3束入っているので1束くらいはうどん風にして素の麺を味わってみるのがいいかもしれない。やさしい味がする。あとコシが強めなのでそういう食感が好きな人にも向いてそう。
わたしは次は茹で時間を延ばして、さらに神農生活で買った唐辛子ペーストを入れて混ぜそばにしてみるつもり。
タロイモ麺の良さを生かした食べ方を知っている人がいたらぜひ教えてください。

日記(2021/4/17)

中部地方は本降りの雨。当然外に出る気もなく、だらだらYouTubeを見たり寝たりしていたらあっという間に夜。
誰とも連絡をとらずに一日中ひとりで過ごす時間はわたしにとってはかなり大切で、今日のおかげでだいぶメンタル・フィジカルともに回復したなという実感がある。晩ごはんは適当にお好み焼きを焼いて済ませたけどめっぽううまかった。


実家に帰省していた一週間は、黙っていても三食出てくるし、話し相手も猫もいるし、馴染み深い関西ローカル番組だって見られるしでそれはそれで居心地はよかったんだけど、一人でいることの気楽さが人といる暖かさを上回っている。今のところ。
まあそれはわたしと親の折り合いが必ずしも良いわけではないからかもしれないが。


明日はパキスタンに赴任する大学の同期と久々に会う。しばらく会えなくなる。つくづく遠い国だなあ。
大学時代のわたしはずっと不真面目で、言語も文化もついぞ理解することなく卒業してしまったけど、それでも時おりあの暑くて埃っぽくて食べ物が全部油っこい国を恋しく思うこともあるよ。落ち着いたら現地に会いに行きたい。



f:id:atawataaa:20210418002417j:plain

マッチ箱探訪(神戸-花隈 セリナ)

f:id:atawataaa:20210417195744j:plain
ビルの取り壊しに伴い、5月末での閉店が決まっているセリナ。
喫茶のすたるじあさんのブログ記事を読み、いてもたってもいられず訪問した。



f:id:atawataaa:20210417200745j:plain
f:id:atawataaa:20210417200408j:plain
海の中にいるような青い壁と青い床。木製の内壁やカウンターは年月を全部吸い取ったみたいに艶がある。


f:id:atawataaa:20210417200405j:plain
天井のカーブも美しい。
マスターは「みんな素敵だって言ってくれるけど、こんなボロボロの汚い店のどこがいいんだろうねえ」と笑っていたけれど、本当にきれいだと思う。



f:id:atawataaa:20210417201712j:plain
ふだん喫茶店ではコーヒーを飲むんだけど、この日は気が向いてクリームソーダを頼んでみた。飾らないグラスに青いソーダが似合う。



f:id:atawataaa:20210417201849j:plain
「最後だから持っていってよ」と2箱くれたマッチ箱。どこかお店の色に似ている、ツヤのある茶色。
なくなってしまうのが惜しいお店だなあ。またいつかマスターとマッチ箱の話をしたい。

マッチ箱探訪(神戸-三宮 欧風料理もん)

f:id:atawataaa:20210416210652j:plain
マッチ箱のありかは喫茶店のみにあらず。帰省の折に神戸の洋食屋へ。


f:id:atawataaa:20210416211214j:plain
欧風料理もん、何を食べてもおいしいらしいが、この日は王道のビーフカツサンド。レアな揚げ加減のカツがびっくりするくらい柔らかくて、いくらでも食べられる気がする。もんのビーフカツサンドを枕にして寝たいとすら思う。
お土産に買って帰ることもできるようで、わたしが頬張っている間にも何人かテイクアウトで注文していた。揚げたて作りたてのサンドイッチを片手に、みなとのもり公園とか海辺でピクニックするのもいいかもしれない。



f:id:atawataaa:20210416211520j:plainf:id:atawataaa:20210416211524j:plain
神戸で一番かわいいと言っても過言ではないマッチ箱は、版画家・川西英のデザイン。
表も裏も同じ5色で刷っているのに、メインの色を変えるだけで印象がガラリと変わるのが面白い。表面のかわいさはもちろんだけど、個人的には裏面の少しエスニックな枠も好き。

日記(2021/4/13)

もうだめな日の日記(でも救われたい)、

  • 気圧のせいか何なのかわからんが身体が重いし気持ちもダルい。テレビを見る気力もないし当然勉強をする元気もない。それでも無音はなんだか嫌でYouTubeとか垂れ流してこの時間。見たいドラマがないわけではないけど、少なくとも30分を真剣に捧げる必要がある生活、まだそこまで回復しきれてない。バラエティ番組と違って、ちょっと気をそらすともう話についていけなくなるの、かなりこちらの本気度を試してきてません?
  • 思えば名古屋に戻ってきてからほとんど何にもできていなくて、部屋は荒れ放題、家計簿もつけてない、観葉植物は水切れで苦しそう。かろうじてやった洗濯は今朝見たら雨に打たれていた。あー助けてくれ。
  • 数年以内の転職を見据えると(しかも法務職に絞るならなおのこと)もう少し士業の資格でもとったほうがいいな、人事系の部署もいけるように社労士受けるかあ…と思って4日目くらい。とりあえず労基法はそこそこ理解してきました。一応法務の端くれではあるものの、ふだんの仕事ではあまり労務系のトラブルとかに関わることがないから色々興味深くて、それなりに楽しく勉強できている。でもここから保険系とか興味ない分野に突入するんだな…
  • 実家に帰省してるあいだに近所の喫茶店のマッチ箱をそこそこ収集できたから、これもブログにまとめたいんだけど、まあそこまで辿り着けませんわな。メンタルが地味に重い週。あーしんどい。はやく週末になってほしい。
  • 髪乾かしながら思い出したんだけど(全てがダルすぎてさっきまで髪がビショビショだった)、当方の生活の成り立ってなさときたら、仕事のワイシャツにアイロンをかけることすらできずに霧吹きで水かけてシワを伸ばすレベル。なんかまた肌荒れしてきたし。あーーーー!!!!もうだめだ!寛解したと思ってんのに!あーーー!!!!嫌いだ何もかも!!!チョコ食べよ…情緒不安定なので…

台湾雑貨店「神農生活」に行ってきた

f:id:atawataaa:20210411203922j:plain

鳴り物入りあべのハルカスにやってきた台湾式ライフスタイルショップ、神農生活!
長らく行けていない台湾の空気をどうしても感じたくて、帰省先から帰るついでに寄ってみた。



f:id:atawataaa:20210411204654j:plain
f:id:atawataaa:20210411204650j:plain
f:id:atawataaa:20210411204642j:plain

「台湾のディーンアンドデルーカ」と言われる(らしい)神農生活、かわいい雑貨や食品がたくさんあってテンションが爆上がり。
日本ではあんまり手に入らないレモングラス風のスパイス・馬告(マーガオ)とか、普段の旅行では国内に持ち込めない肉製品類(魯肉の缶詰とか)、レアな調味料類、インスタントラーメン…めちゃくちゃ買ってしまった。


f:id:atawataaa:20210411205808j:plain
(買いすぎ)


日月潭の特産品たる紅茶まで売ってるの、本当に素晴らしい…。
台湾茶に特化したコーナー、Oolong Marketで買いました。台湾茶が100種類はあるそうで、もう選びきれなかった…次は別のも買って飲んでみたいな。


f:id:atawataaa:20210411210237j:plain
ティーサロンとレストランも併設されているけれど、レストランはかなり混んでて整理券がだいぶ捌けていたので諦めて、ティーサロンで青心烏龍茶をいただきました。おいしかったなー。
サロンは比較的空いていてゆっくりできたし、感染対策も割としっかりしてる風だったのでまた行きたい。

マッチ箱探訪(神戸-新開地 光線)

f:id:atawataaa:20210410201011j:plain
同じマッチ箱趣味の方が訪れていて気になってたお店、光線。
何よりも名前がいい。名前がかっこいい喫茶店、マッチ箱でそのかっこよさをどう表すのか気になります。



f:id:atawataaa:20210410201144j:plain
アンティークなオレンジランプと青いカーペット。一朝一夕じゃこの雰囲気は出ないよな。本当にすてき。ここで飲むコーヒーは格別でした(あとびっくりするくらい熱かった)。



f:id:atawataaa:20210410201314j:plainf:id:atawataaa:20210410201319j:plain
看板はビュン!!!って音がしそうな「光線」だったけど、マッチ箱のフォントはスペクトル〜な感じでややフニャフニャ。
ビュン!!!も好きだけどこれはこれで味がある。


マッチ箱をもらったあと、マスター夫妻が「最近マッチ箱をもらってく人が多いね」と話し合っているのが聞こえた。大切にします。