アルカラ 20周年記念2マンツアー「産声」

8月19日、心斎橋BIG CATにて、4年ぶりにアルカラを見て号泣。


わたしにとってアルカラは人生で一番好きだったバンドで、もうファン歴はかれこれ12年を超える。
学生時代は少ないバイト代を注ぎ込み、社会人になったら遠征してツアーを巡り、フェスでは最前列を取ろうと苦心し、CDも全部タワレコで予約して買っていた。
リリースされるアルバムはすべてエグい仕上がりだったし、ライブに行けばフロントマン・稲村の圧倒的な歌唱力、それに引けを取らない他のメンバーのアグレッシブなパフォーマンス。CD音源以上と思えるほどのライブはいつも超満員で、どんどん会場のキャパも大きくなっていった。
エクスペディアのCMや国民的アニメの主題歌を歌うことになった日にはもう完全に売れた…と確信した。


ところが2017年、ギタリストが突然の失踪・事実上の脱退。はっきり言ってショックだった。だってこんなに順当に売れてきてて、いつもどの媒体でもメンバー同士仲のよさそうな雰囲気を出していたのに、失踪だなんてその対極じゃないか。
祈るような気持ちで向かったその後のライブではサポートメンバーが入って演奏していたけど、やっぱり違うという気持ちが拭えないし、「俺ら前向いてやっていくから!」的な稲村のMCもなんだか上滑りしているような気がして、というかなんでそんなに平気そうなんだよ!とか思ったりして…どうしても受け入れられなくてだんだんアルカラ自体を聞かなくなってしまった。


そんなわけで2018年以降のアルカラには全然触れていなくて、2019年にリリースされたアルバム「NEW NEW NEW」もこわくて聞く気になれなかった。
さらには世間の邦ロックブームは終わりつつあって、わたしが聞くのもチルなシティポップばかりになった。
でもこの前たまたま新曲「Dance Inspire」を耳にして、涙が出るくらいの衝撃を受けた。



数秒聞いただけでアルカラだとすぐにわかる名刺代わりのイントロとAメロ、そこから流れるように移り変わるドラマチックなサビ。
メンバーの脱退、邦ロックブームの終焉、さらにはコロナ禍で思うようなライブもできなかっただろうアルカラが、それでもまだアルカラらしさを失わずにそこにいる。
かつて好きだったバンドがどんどん世間の風向きに迎合してEDMとかを取り入れていく様子もたくさん見てきた。そんな中でそのままのアルカラを貫いていたことが本当に嬉しくて泣いた。


わたしの中でアルカラ熱が高まりつつあるタイミングで開催された20周年記念ツアー。
ふらっと見にいくには少々高いチケット代、それに最近の曲はわからないし楽しめるのかやや不安、でもあれだけ好きだったバンドの20周年は見ないとやっぱり後悔するかもしれない。いろんな気持ちを胸に抱えながら当日会場に向かった。
仕事の関係で少し遅刻していったもののスルスルと観客の間を抜けて前方に行ける余裕があって、お世辞にも超満員とは言えないことが少し切ない。あとなんかファンの年齢層も高くなった気がするけど、そりゃあわたしも12歳老けたんだしな…と思う。


対バン相手の9mmのパフォーマンスが終わってアルカラがステージに立つ。3曲目、大好きな曲「やるかやるかやるかだ」のイントロを聞いた瞬間に涙が溢れて止まらなくなった。
高音サビを平気で歌い上げる稲村の歌唱力は40歳を超えてもなお健在だし、ベース・下上の異常に攻撃的な演奏スタイルもまったく変わっていない(そういえばライブでの楽しみは下上さんがベースを振り回して咆える様子を見ることだったのを思い出した)。ドラムの疋田さんもあの頃と同じように楽しそうに叩いてコーラスしている…。
大好きな数々の過去曲、わたしが知らない最近の曲にもアルカラらしさを感じて泣きながら拳を振りまくった。「アブノーマルが足りない」や「やいやいゆいな」、本当に久しぶりに聞いたなあ。どれだけ久々に聞いてもイントロだけで何が来るかすぐに思い出せるし、稲村がどういうテンポで歌い上げるか、どのタイミングでどう拳を振り上げるのかをすべて覚えている。アルカラのことを好きだった記憶が消えていなかったのが嬉しかった。
あとMCやアンコール時の衣装のセンスもまったく変わってなくて笑ってしまった。


ライブが終わるころには顔はぐしゃぐしゃだし、完全に魂が抜けて虚脱したまま家に帰り、そこからずっとぼーっとしている。2日経った今もまだずっと余韻が残っていて、久々にTシャツを買ったし、会った人間にもアルカラのライブがよかったと珍しい熱量で語り、秋に開催される渋谷野音ワンマンのチケット抽選にも勢いで応募した。
あと触れてこなかったアルバムもドキドキしながら聞いてみて、あーどれもいい曲…と今更ながらファンになっている。
4年ぶりのアルカラ、完全に気持ちを再び持っていかれた感覚がある…。一時期は離れてしまったけどまた好きになったし、これからもまた応援したい。まずは野音のチケットを当てるところから!

2022/8/10〜12 長野

お盆休みを利用して友人と八ヶ岳登山へ。




今回登ったのは八ヶ岳の中でもビギナーに優しい縞枯山。本当ならそのままお隣の茶臼山にもアタックするつもりだったけど、往路で渋滞に捕まり登山開始時刻が遅れたことや、ぬかるみが多く滑りまくって体力を消耗したこともあって早々に諦めた。次回までにはちゃんと体力を作っておかないとな。




山頂の展望台は巨大な岩の群れ。ゼルダのオープニングか何かのようないい眺めだった。わたしは高所が苦手なので終始ヒヤヒヤしていたけど。
友人と岩場に座って、持ってきたパンやサラミを食べたりのんびりしたりする時間は何物にも代えがたい幸福。
心地のよい風がずっと吹いていて、人がいなくて静かで、耳をすますと遠くに鳥の声と木々のざわめきが聞こえて、ああ今ここで人生を終えてもいいと一瞬思った。





下山後は山梨名物のほうとうを食べたり(長野だけど)、長野の老舗店・ハルピンラーメンに立ち寄ったり。
ローカルスーパーや地元のJAで野菜や果物を眺めて、近所のおばあちゃんにおすすめしてもらったものを買い込んだら荷物が重くて指がちぎれそうになった。


何より、気のおけない友人とだらだらするのはやはり良い。
ホテルで酒を飲みながらブリティッシュ・ベイクオフを見てやいやい言って、大浴場で3回も湯船に浸かってゴロゴロしてうまいものを食べて、人間の欲求のすべてが満たされた感覚。天気にも恵まれたし、すばらしい旅だった。
とはいえコロナ禍の複数人での旅行や登山って、まだまだかなり気を遣う。旅先で熱を出したら各所に迷惑がかかるなとか、できる限りマスクをしておいたほうがいいのかなとか。
巷では感染拡大中だと言われているし、実家でも家族がコロナで全滅しているタイミングだったのもあって、こんなときに出かけていいのかなとずっと胸のどこかで引っかかっていた。はやく何の気兼ねも罪悪感もなく旅行に行ける日々が訪れてほしいけど、まだしばらくは無理なんだろうな。





茶店のマッチ箱集めも継続中。これは別途ブログに書きたい。

日記(2022/8/6)

油断するとすぐに日記を書かなくなってしまう。
GW明けから業務量が増える一方で、毎日毎日早朝から22時まで仕事をするようになって(22時以降は深夜残業にあたるので働くなとのお達しがあった)、在宅勤務で代わり映えのしない壁と机を眺め続け、ついに疲弊しきって今ベッドから起き上がれなくなっている。本当なら今日は京都にでもぶらっと遊びに行きたかったんだけど。もったいない土曜日の過ごし方。


自炊をやる暇がまたもやなくなってしまったから、平日はもっぱら西友レトルトカレーばかり食べている。西友のカレーはいろんな種類があって素晴らしい。
あとは少しでもメンタルに効いてくれという気持ちで養命酒をちびちび飲んでいる……けどこちらは特段何かに効いている感覚はない。
7月下旬にメンタルが小さめにブレイクダウンして早退してしまい、そこから上司が「頼むから病院に行ってくれ」とわたしに言うようになったけど、できれば行きたくなくて養命酒。しかし効かない養命酒。病院行って抗うつ剤とかをもう一度飲む生活には戻りたくないんだよな……でもそろそろちょっと漢方クリニックなどを探してみようと思ってる。
東洋医学に縋りたくなる謎の気持ち、定期的に訪れるけど何なんだろう。


楽しいことがないわけではなくて、「ドロッセルマイヤーさんのさんぽ神」というお出かけ用ボードゲームを手に入れたから、週末にはくじを引く気持ちで行き先を決めて出かけてみたり、ちょっとずつ喫茶店を巡ってマッチ箱を集めたりはしている。
でも本当に……本当にしばらく休みたいなあ。せめて3連休、いや4連休、というか1週間くらい休みがあればなあ。というか定時で上がれたらなあ。
司法書士試験の勉強も全くできてないし、自分を取り戻すための時間が全く足りてない感覚がある。早くきてくれ盆休み。

日記(2022/4/29)

異動に伴う大阪への引越し、荷ほどきもそこそこに業務スタート。入社して3年間だけ大阪で働いていたけど、もう離れて5年も経つというのに結構いろんな人がわたしのことを覚えてくれていた。
「仕事の相談ができる人が戻ってきてくれて嬉しいよ」とたくさんの人に言ってもらえるのは嬉しい反面、異動後しばらくはのんびりしようと思っていた計画は早々に破綻し、気づけば今月も残業時間がすごいことに。
まあともあれ走り抜けた4月、ようやく連休まで辿り着けた自分を少し褒めたい。


仕事に軸足、というか両足を置いた生活を送っていたせいで部屋の片付けはまったく終わっていない。段ボールもまだ残ってるし。
でも奮発して広い部屋を借りたから生活はすこぶる快適だ。一丁前におしゃれなソファも買ってしまった…万年ベッド生活がソファ生活になって少し人間らしさを取り戻せた感覚。


人間らしさといえば、大阪に越してきてからはそこそこ自炊もやっている。名古屋にいた1年間は自炊も外食も全然できていなくて、今となっては何を食べていたんだろうと思うし、まあメンタル的にも本調子ではなかったんだろうなと思う。
調理時間10分のしょうもないきつねうどんを啜りながら、この5年でわたしがなくしてしまったものを少しずつ埋めていくことについて考えている。希望について。

異動することになった3(スリー)

本当に信じられないけど、またもや異動することになった。東京から名古屋に来て15ヶ月、次は生まれ育った地、大阪へ。
まさか2年も経たずに異動することになるとは思わなかった。といってもわたしが何かやらかしたわけではない。組織体制の変更、拠点の集約、効率的な云々……という事情で、自分が配属されていた拠点が取り潰されて集約されることになってしまったからだ。
自分が所属していたチームが木っ端微塵になるのは8年の社会人人生で2度目だけど、何回体験しても慣れるものではない。内示を受けた日の心拍数はずっと120を超えていた。


とはいえ久々の大阪生活、これが楽しみじゃないわけがない。
勢いでマンションを買ってしまおうと相当試算を繰り返したものの、どうも近々また転勤がありそうな雰囲気を察知して潔く賃貸へ。やっぱり大阪の家賃は高いし、すべて満足がいく物件は見つからなかったけど、日当たりが良さそうで収納もたくさんある広い部屋を借りられて一安心。何年住めるかわからないけれど、やっぱり愛着のある土地だしできるだけ長く住みたい。
メンタルもここ1年は安定しているし、このタイミングで同じく大阪に異動になった友達もいるし、きっと社会人になってから一番楽しい数年間になるはずなんだ……今まで転勤してきたぶん今度こそ定住させてくれ〜……


一方、振り返ると名古屋の街には愛着らしい愛着を持てなかったなという感覚がある。これは確実にコロナ禍で外出しなかったことが原因だし、時期が時期ならもっと色んなところに遊びにいって色んな思い出を作れたのになと思うと残念。少なくとも名古屋メシはわたしの口には合っていたし、もっと長く住んでいればもっと好きな街になっていたんだろうな。
今いる部署もなくなってしまうから、この会社に勤めている限りもう名古屋に住むことはない。あと1ヶ月、せめておいしいごはんを食べまくりたい。

やった〜(令和3年度行政書士試験に合格した)

昨年11月に受験した行政書士試験。本日合格発表。震えながら更新ボタンを連打して受験番号を探し……ある!やった!合格だ〜〜!!!やった〜〜!!!!


というわけで行政書士試験、なんとか一発合格することができた。
異動先でひさびさに日本法に触れるも浦島太郎状態で、これはちょっと本格的なリハビリが必要だと思い至ったのが昨年春。だらだら独学で民法の勉強をするもののモチベーションが上がらず、どうせなら会社の祝い金も出る何らかの法律資格を受けよう、なんなら「先生」になれる士業にしよう…ということで一念発起して受験を決意。
自分の性格的に独学は無理だなあと思っていたので、比較的安価に抑えられそうな伊藤塾の3ヶ月短期集中講座に申し込み、一点突破で滑り込みました。


とにかく仕事が忙しくて残業ばかりしていて、平日の勉強時間なんて1時間半とれればいいところ。そのぶん休日は朝から図書館に引きこもってひたすら勉強していた。模試もほとんど受けていないし記述対策もできなかったけど、気合いで受かったのでまあ結果オーライでしょう。
明日か明後日には点数配分等の詳細が記載された合格通知ハガキが届くらしくてそれも楽しみ。というかハガキを見るまでは自分が合格したかどうか信じられない……。


来年度には司法書士試験を受けるつもりだから、今回の合格でモチベーションを上げてこのまま突っ走りたいな。
2022年、幸先いい。今年はいい年になるぞ〜。

いろいろとむずかしい

先週末には仕事を無事納め、つかの間の東京散策。
予定を詰め込みすぎて消耗した感もあったものの、友人みんなの顔を見ることができて良い旅行だった。
じきにオミクロン株が流行してまたしばらくは東京に行けなくなるんだろうか。近いようで遠い日々が続く。


クリスマス、人から結婚を前提としたお付き合いと来年中の同棲開始を打診されて、嬉しいは嬉しいけどかなり動揺した。
他人に対して恋愛感情をどうしても抱けないことは前々からずっと悩んでいて、一方で孤独感自体はうっすら感じるし、恋愛感情が介在しない共同生活を誰かと送ることができるならそれが一番よいと思っていた。
とはいえその機会がこんなに急に自分の前に現れるとは全く思っていなかった。お誘いは本当にありがたいし、なかなかないことだとも思うけど、たぶん引っ掛かっている理由は相手との気持ちの温度差だろうな。向き合って答えを出さないといけない。まだ人生に向き合いたくなかったのに…あーあ…。


M-1グランプリ2021。アナザーストーリーまで見てようやく1年が終わったような、アナザーアナザーストーリーを見るまで終われないような気持ち。
今年の大会は錦鯉の感動的な優勝とオズワルドの苦難がクローズアップされがちだけど、個人的には今回「個性派」等と称されていた初出場組、真空ジェシカ・ランジャタイ・モグライダーをかなり応援していたので、この3組の躍進はとても嬉しかった。

でも前評判を打ち破れなかった気もして悲しいような…。アナザーストーリーでも「錦鯉の優勝を喜ぶ『非吉本』の『アンダーグラウンド芸人』の絆」みたいな扱われ方しかされてなくて、ウオー全員錦鯉の引き立て役にするのをやめろ!!!となってしまった(アナザーストーリーがそういう番組だということはわかっているんだけど)。


特に真空ジェシカは以前からずっとファンで、ラジオもネタも真っ当に面白いし、二人の人柄を知れば知るほど「個性派」「くせ者」とかあるいは単なる「高学歴芸人」なんて言葉でコンテンツ化しないでほしくて。真空ジェシカに売れてほしいけど消費されないでほしい複雑な気持ちがある(面倒なファン)。
ていうか決勝の審査員コメント、軒並み「センスがある」一辺倒だったけど「センスがある」で片づけていいコンビじゃないぞ!!!真空ジェシカは!!!ちゃんと真空ジェシカを見ろ!!!


M-1のことは別記事で心ゆくまで書きたい。お正月が暇だったら。