踊らされていた

「この世は仕組まれていた!誰かに!」
tofubeatsの"陰謀論"、マイルドに気の狂った人間が言い出しそうな歌詞で好き。ホンモノ感がある。最近ずっと聞いてる。ひっどいPVも良い。
わたしもそういう感じ、気の狂ったふりをして万事を誰かのせいにしたいんだよな。そういうトーンでもっともらしく。




我がクソ狭い部屋に鎮座する椅子、だいぶ前にDIYして色を塗り替えたんだけど出来栄えが気に食わなくて、数年経った今また塗り直そうと思った。とりあえずダイソーでヤスリを買ってきて暇な時間にひたすら磨いている。床に削ったあとの粉が死ぬほど落ちている。


我がクソぼろい部屋の壁紙を貼り替えたくて、賃貸物件でも貼って剥がせるとかいう壁紙について検索。
意外となんとかなりそうな一方で、脚立もないのにどうやって天井近辺まで貼り付けたらいいのかわからない。脚立を借りるかレンタルするにしても、何段あればいいのかわからない。そもそもわたしは高所がめっぽうだめで、たぶん脚立にのぼったら下りられなくなると思う。業者呼ぶ。


イカインスタントカメラが届いたので気が向いたらパシャパシャ撮っている。30枚くらい撮ってようやく露出とか焦点距離についての基本的な概念を理解した。そういうタイミングでカメラを地面に落とした。カメラの角が傷ついた。声が出た。どうして?


かつて好きだった(そして今も好きな)(フラれた)人から気持ちのうえで逃れること、一生できない気がするな。(一生言ってるんだろうな)