マッチ箱探訪(神戸-三宮 欧風料理もん)

f:id:atawataaa:20210416210652j:plain
マッチ箱のありかは喫茶店のみにあらず。帰省の折に神戸の洋食屋へ。


f:id:atawataaa:20210416211214j:plain
欧風料理もん、何を食べてもおいしいらしいが、この日は王道のビーフカツサンド。レアな揚げ加減のカツがびっくりするくらい柔らかくて、いくらでも食べられる気がする。もんのビーフカツサンドを枕にして寝たいとすら思う。
お土産に買って帰ることもできるようで、わたしが頬張っている間にも何人かテイクアウトで注文していた。揚げたて作りたてのサンドイッチを片手に、みなとのもり公園とか海辺でピクニックするのもいいかもしれない。



f:id:atawataaa:20210416211520j:plainf:id:atawataaa:20210416211524j:plain
神戸で一番かわいいと言っても過言ではないマッチ箱は、版画家・川西英のデザイン。
表も裏も同じ5色で刷っているのに、メインの色を変えるだけで印象がガラリと変わるのが面白い。表面のかわいさはもちろんだけど、個人的には裏面の少しエスニックな枠も好き。