日記(2022/4/29)

異動に伴う大阪への引越し、荷ほどきもそこそこに業務スタート。入社して3年間だけ大阪で働いていたけど、もう離れて5年も経つというのに結構いろんな人がわたしのことを覚えてくれていた。
「仕事の相談ができる人が戻ってきてくれて嬉しいよ」とたくさんの人に言ってもらえるのは嬉しい反面、異動後しばらくはのんびりしようと思っていた計画は早々に破綻し、気づけば今月も残業時間がすごいことに。
まあともあれ走り抜けた4月、ようやく連休まで辿り着けた自分を少し褒めたい。


仕事に軸足、というか両足を置いた生活を送っていたせいで部屋の片付けはまったく終わっていない。段ボールもまだ残ってるし。
でも奮発して広い部屋を借りたから生活はすこぶる快適だ。一丁前におしゃれなソファも買ってしまった…万年ベッド生活がソファ生活になって少し人間らしさを取り戻せた感覚。


人間らしさといえば、大阪に越してきてからはそこそこ自炊もやっている。名古屋にいた1年間は自炊も外食も全然できていなくて、今となっては何を食べていたんだろうと思うし、まあメンタル的にも本調子ではなかったんだろうなと思う。
調理時間10分のしょうもないきつねうどんを啜りながら、この5年でわたしがなくしてしまったものを少しずつ埋めていくことについて考えている。希望について。