3年ぶりの台湾旅行(1)


コロナウイルスの流行以後、個人での海外渡航の難易度が跳ね上がり、気軽に旅行ができなくなって早3年。ところが昨年10月、台湾当局から観光目的でのノービザ入国解禁とのうれしい知らせが舞い込んできた。
「でも急には行けないよな、現地で陽性になって帰ってこれなくなったらどうする?職場でどれだけ白い目で見られるんだろう?2023年まで見送っても遅くはないかも……」などと一抹の不安を覚えつつも、うだうだ悩んでても仕方がない、とにかく飛行機のチケットを購入。出たばかりのボーナスをはたいて、2022年末、久々の台湾へ!





空港に来るのは本当に久しぶりで思わずきょろきょろしてしまう。でも旅の実感がまだ湧いてこないのか、楽しみを通り越してなぜか気持ちが凪いでいて、いたってフラットな気持ちで入国した。
それにしても桃園空港の天井、なんて懐かしいんだろう!




今回はいろんな都市をうろうろするのではなく台北に絞ってのんびりすることに。
空港から1時間もMRTに揺られ(喉が渇いて死にそうだった)、ようやく台北駅に到着。すぐさま外に飛び出すと花!鮮やかだな〜。
でも台湾の冬は雨が多くて、せっかくの機会なのに街ぶらするにはいまいちな天気。臆せず歩くけど。





台北駅を出てすぐに魯肉飯と胡椒餅をハシゴ。ここでようやく台湾に来たんだなという感覚がじんわり身体に広がった。






ホテルに荷物を起き、しばしベッドに寝そべってのんびりしていると日も暮れたので夜市へ繰り出す。賑わっているけど日本人はほとんど見かけない。






ローカルな夜市なはずだけど、おいしさのあまりビブグルマンにまで選ばれた屋台を見かけて行列に並び、揚げたてのタロイモボールを頬張る。
タロイモ、ほんのり甘くて素朴な味がして大好き。日本でも台湾料理はたくさん食べられるようになってきたけど、タロイモは日本ではなぜか流行っていなくて、だからこればかりは台湾で食べるしかない。来れてよかったな……。
そこに現地の友人からのLINE、「その近くの豆花屋さんもおいしいよ」とのメッセージにつられ、立て続けに豆花もいただく。とにかく食べ続けた1日目の夜。